リサイクルとエコ生活

テレビはリサイクルに指定された商品です。使える液晶テレビに関しては、リユースできる方法を考えます。

リサイクルとエコ生活

リサイクルとリユースでエコに生活する

テレビといいますと、今は多くの家庭において地デジに対応しているものを利用していると思います。それまではブラウン管を利用した、奥行きのあるものが主流でした。現在はそういったものは通常の店舗では販売されていません。薄型といわれる、液晶やプラズマを利用したものになります。画質も非常にきれいですし、置き場所にも困らないということで、今までよりも大きいサイズのものを購入したという人もいると思います。価格の変動も激しく、少し前のものでしたら、大画面でもかなり値引きされるものがあります。それを購入した人もいるでしょう。
そんなテレビに関しては、リサイクルの商品として指定されています。ですからそのまま捨てることはできないようになっています。ブラウン管テレビに関しても液晶テレビにしても同様になります。これらはどうなるかといいますと、分解されることになります。プラスチックや、金属などに分けられ、それぞれ再利用されるということです。ブラウン管といいますとガラスがメインになります。再びガラスになるということもあるようですし、繊維であったり、何かと混ぜて利用するということもあるようです。そのほかの部品も別のものとして利用されることがあります。
ブラウン管テレビは壊れていなくても使いようがありません。液晶テレビの場合、使えるけども捨てるということがあります。それは少しもったいないです。ですからリユースできないかを考えます。これは中古を買取してくれるところにもっていくということがあります。まだ使えるのですから、もしかすると買い取ってもらえるかもしれません。型式であったり、状態によっては難しいこともありますが、今もブラウン管テレビを使っている人からすると、安い液晶テレビが欲しいと思っている人もいると思います。そういう人に売れるかもしれないということです。部品に分ける必要もないですから、コストもかからないことになります。エコに役立つということです。